世の為に頑張っているお父さんたちへ

みなさんこんにちは。静岡県沼津市にある心理カウンセリング事務所「マザーアース」代表・浅野順子です。

熊本では豪雨により大変な災害に見舞われてしまいましたね。

今回の災害に見舞われた方々、またコロナ禍の中、営業を再開したばかりの観光業などにも更なる打撃を受けてしまわれたこと、心よりお見舞い申し上げます。

コロナウイルスだけでなく、異常気象も他人事ではありませんね。

さて、今回の記事は「世の為に頑張っているお父さんたちへ」です。

自分の仕事は世の為になっている、という思いをモチベーションに、又は支えとして頑張っているお父さんについての話です。

マザーアースのお客様方の話を伺っていると、その多くの家族の、特にお父さんに見られる「ある傾向」があります。それを基に「本当に大切なものってなんだろう。」そんなことをテーマに書いてあります。

どうぞお読みください。

世の為に頑張っているお父さんたちへ

世のため人のために頑張っている皆さま! あなたの周りの身近な人は幸せですか? あー楽しい あー面白い あーしあわせ って 口々に言われてますか? あなたのご家族は笑ってますか? あなたのご家族が何を想い 何を考えているのか ご存知ですか?

世の中のために頑張っているお父さん。ご家族のために頑張っているお母さん。 あなたは あなたのご家族と、 一日どれくらい会話をしていますか? 一日どれくらい 一緒にいられてますか? 世のため人のための裏側で、 子供に興味関心がない 或いは放ったらかしの自覚あるお父さん、 社会や万人を相手にしていないで それそろ生きた生身の 目の前にいる家族と対話 はじめて下さいよ。

世の中を善くするのは、 自分が、 「生きてるっていいな!」 という感動を味わってからにしてくださいよ! でないと、 方向が解らないじゃありませんか。 自分が 家族が 「家庭っていいな!」 と感じられなければ、 この社会が 輝ける筈ないじゃないですか?